保護と栄養補給のプロセス

根本から毛先まで、むらなくしっかりとアルファローションを塗布します。

特に傷んだ部分に浸透し、保護と栄養補給をします。

 

 

<塗布作業1>

・根本の染めていない黒い部分につかないよう注意しながら塗布します。

・先ほどのアルファローションより、濃く・皮膜形成の強いベータローションを、カラーしてある部分に塗布します。

・根本の未カラーの部分に塗布しますと、保護力が強すぎ、1剤が反応しなくなるため注意が必要な細かいテクニックになります。

 

 

<塗布作業2>

・MBは乳液タイプで最強の保護剤のため、塗布量と必要以上の部分につかないよう、注意しながら塗布します。

・ベータローションより更に濃いMBを毛先10cmのダメージの1番強い部分に塗布します。

・MBとは、販売しているモイストトリートメントとベータローションをMIXしたものです。